治らない雨漏り、再発する雨漏りの原因のNO.1

メールでのお問い合わせはこちらをクリック

情報

治らない雨漏り、再発する雨漏りの原因のNO.1

2020/09/27

外壁の雨漏り=シーリングという誤認識

穂高外装メンテナンスLLC.が雨漏り調査で建物の構造を気にする理由

特にシーリング位置と雨漏りの出口が近い場合

誤認識が故に施工不良と思いがち

治らない雨漏り、再発する雨漏りで一番多いのが
シーリングを打ち替えたのに治らない、あるいは再発した、というご相談です。

シーリング(コーキング)の劣化による雨漏りの記事はよく見かけます。故に窓枠を含む外壁からの雨漏りの場合(屋上直下の階ではないので外壁からの雨漏りと考える場合)多くの方が、あるいは多くの業者がまず、シーリングの劣化を疑います。穂高外装メンテナンスLLC.でもまずはシーリングは確認します。ただ、多くの方がそれ以外の要因を考えない場合が多いです。

 

 

特に窓枠の雨漏りなど、シーリングの位置と室内の雨漏りの位置が近いと多くの業者がシーリング打ち替えを提案します。

考えられる原因の一つ一つを潰していく、、と、いう提案なら、まずはシーリング、というのはよくわかります。ただ、シーリング意外の原因を考えられない、と、いうのは問題です。

なんらかの原因で外壁自体に浸水がある場合で(例えばALCの塗膜の劣化、例えばタイル目地からの浸水、など)たまたま雨水の出口が窓枠になった可能性など、シーリング以外の原因で雨漏りしているのに、シーリングを打ち替えしても雨漏りは治りません。

かなりの土砂降りでないと雨漏りしない場合などは、シーリングを打ち替えたあと激しい雨が降らなかったため、雨漏りが直ったと勘違いして、次の土砂降りで再発したと思い込む場合もあります。
または、原因が両方だった場合、シーリングを打ち替えることにより浸水量が減り、一時的に雨漏り量もへり気づかずに治ったと思い込む場合もあります。

ここでは、外壁の雨漏り=シーリング(コーキング)の劣化は誤認識で、様々な要因が考えられることを認識いただければ。。と思います。

 

外壁からの雨漏りのわかりやすい例をご紹介します。

雨漏り部位は4階の窓枠から

多くの方が窓枠シーリングの劣化を疑います

5階建ALCタイル貼り。屋上からなら5階が雨漏りする、と考えるので外壁からの雨漏りである疑いが濃厚です。また、雨漏り箇所が窓枠からぽとぽとおちてくる、、となると、窓枠のシーリングの劣化を考える、当然だと思います。

ただ、建物がALCのタイル貼りである以上、外壁自体の浸水の可能性も考えるべきだと思います。
穂高外装メンテナンスLLC.のように、いつでも補修できる業者であれば、雨漏りの可能性の一つを潰す、と、いう意味合いでシーリングを打ち替える、というのは一つの選択肢です。

 

雨漏りしている部屋と同じ造りのへやを見せていただくことができました。
窓枠のちょうど上に戸棚があります。

今回は戸棚でしたが、内装には内張があるため、外壁からの浸水の場合、室内壁に症状がでにくい場合は多くありますし、外壁が含んだ水は重力で下に落ちますので、ALCのアングルや、コンクリートの打継ぎ、窓枠、など雨水の浸水箇所と浸水した水の出ていく場所が遠い場合も多くあります。

 

今回はたまたま退去されていた部屋で戸棚を交換中だったので、とてもわかりやすい写真を撮らせていただくことができました。

窓枠の上から雨水が流れていることが確認できます。

これは、戸棚がないからわかりますが、先ほどの写真の状態だったらどうでしょう。

この状態ですので、窓枠のシーリングの劣化を疑うことが間違いだ、というものではありません。
しかし、シーリングの劣化のみを疑うことは、外壁の雨漏り=シーリング劣化、という誤認識からくる思い込みです。

 

 

穂高外装メンテナンスLLC.では事前に雨漏り部位のシーリングの劣化を確認することができます。経年劣化したシーリングでも明らかなきれがない場合や雨漏りしていない窓枠のシーリングの劣化と遜色がない場合などは、シーリング意外の原因も考えます。

 

外壁の材質、想定される浸水場所、ご希望の仕上がりなどで変わる対処法

塗膜が完全に劣化して明らかに水を吸っているようでは塗装が効果的

 

タイル目地からの浸水の可能性が高い場合、浸透性撥水材の塗布が効果的な場合も

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。