塗装工事全般

メールでのお問い合わせはこちらをクリック

塗装工事全般

補修から上塗りまで一貫して自社施工

美観のためだけではない「建物のお医者さん」の気持ちで外壁塗装

外壁塗装をする目的は?と問われると多くの方が「そろそろ古くなってきたから美観を回復させたい」と思われているのではないでしょうか。
もちろん当然だと思います。業者さんのPRでも同様ではないでしょうか。

外壁塗装の工程や何回塗り?とかの問い合わせのなかでも、下塗りを女性のお化粧にたとえて、「下塗りはファンデーションで。。下塗りをちゃんとしないと上塗りがのらなくて。。」という例えを使う業者さんも多いですね。間違いではありません。

でも、私たちは外壁塗装でも、他の施工でも「建物のお医者さん」でありたいと考えています。

少し極端なたとえになってしまいますが、外壁塗装の上塗りは皆さんがよく使うたとえでお化粧だとすれば、下塗りはファンデーションではなく塗り薬。建物の様々な痛みの患部には補修という治療が必要です。

私たち流にいえば上塗りは服です。いろいろな機能を備え雨風から体を守ってくれる。でも体に不調があれば良い服を着ていてもすぐに風邪をひいてしまいます。せっかく良い服を着るのなら万全の体調の元で快適に。。と思います。

穂高外装メンテナンスLLC.では下地の補修から上塗りまで一貫して自社施工です。塗装の前にしっかり患部を見極め、補修を施ししっかり薬をぬって最後にきれいな服をきてもらう、、そんな気持ちでしっかり外壁塗装いたします。

 

塗装工事全般

外壁塗装

外壁塗装
様々な外壁塗装を施工いたします。美観についてはもちろん、機能も考慮し丁寧に塗装いたします。

防水塗装

屋上やバルコニーの塗膜防水塗装も施工いたします。

鉄部塗装

非常階段や、雨樋、鉄製屋根など、鉄部の塗装もいたします。大規模修繕時敢えて塗らなかったが、やはり気になるとか、サビの進行が思ったより早い場合で、部分的に塗装する場合なども、お気軽にご相談ください。

外壁塗装の役割

外壁塗装には「美観」を回復するという大きな目的がありますが、同等に「塗膜を形成」し外壁材を風雨から守るという機能回復の効果もとても大切な役割です。

耐用年数などと合わせ、しっかり性能を発揮できるように施行することは重要です。

 

基本的な外壁塗装の流れ

①外壁補修
シーリングの打ち替え、ヒビ割れ等の補修、膨れている旧塗膜の処理など、塗装の前に外壁補修を行います。

②飛散防止ネットの架設
ローラーや刷毛での塗装時に飛散する塗料や、養生を剥がす時に発生する塗膜のカスなどが隣や遠くに飛散しないよう飛散防止ネットを架設します。

③高圧洗浄
下地をきれいに洗浄します。

④養生
塗装しない部分の養生をします。

⑤塗装
外壁の場合、下塗り1回、上塗り2回の3回塗装が基本になります。

⑥養生バラシ、清掃
養生をバラシ清掃を行います。

⑦チェック、手直し、タッチアップ


 

外壁塗装

美観と機能

雨漏りの原因にもなる外壁塗膜の劣化。
塗装された外壁の劣化は美観はもちろんですが、塗膜が雨水の浸水を防ぐ機能がありますので、建物の機能を低下させています。塗膜の劣化が雨漏りの原因となることは多くあります。

美観の回復、機能回復の2つの観点から外壁塗装は建物にとって重要です

 

外壁塗装の場合飛散防止ネット架設は必要です

外壁塗装の際は飛散防止ネットを架設いたします。

余談ですが、このホームページで外壁塗装の施工風景が少ないのはこのためです。
あまりパッとしないから。。です。

 

屋上、屋根の塗装

屋上防水、屋根の塗装(足場工事)もご相談ください。

 

部分塗装

雨漏り補修のあとなどに

雨漏りの原因となったシーリングの劣化。
シーリング補修のあと、できるだけ目立たなくしたい場合など、部分塗装も可能です。

日塗工色見本色での塗装が可能です。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。